1.ひまわり油の歴史

ヒマワリ油抽出物は、XNUMX世紀頃にヨーロッパからやってきたロシア市場への進出後に人気を集めました。 その人気はロシア正教会によるラードとバターの禁止が原因であると信じられており、それはレントの間非常に近い代替品にしています。 やがて、ウクライナとロシアは主要な作物としてヒマワリでいっぱいになりました。 XNUMX世紀以来、ロシアは主にひまわり油を料理に使用してきました。 彼女はまた、世界の主要なプロデューサーでもあります。 ひまわり油エキス。 比較的低いひまわり油コレステロール値が科学者によって発見された後、それは料理に、そしてほとんどのアジアおよび西洋諸国で食品添加物として広く使用されています。

ひまわり油は、長い間、その起源である北米内の安価な大豆油とトウモロコシ油に非常に支配されていました。これらは、ポテトチップスなどの加工食品での安定性を改善するために最も頻繁に水素化または半水素化されました。 これらの半水素化油は一般にトランス脂肪と呼ばれます。 70年代ごろ、健康に注意を払うアメリカ人は、多価不飽和脂肪の比率が高いためにひまわり油を使用し、心臓病や体内のコレステロール値の危険を減らすことを望んでいました。 1990年代までにトランス脂肪の健康被害が明らかになったとき、フライドポテトとジャンクフードの生産者はひまわり油の大量生産への出発点であると思われていたので、ひまわり油の使用に移行しました。

 

2.ひまわり油とは何ですか?

ひまわり油は、非常に微細な風味を備えた控えめな柔らかい油であり、熱耐性が急上昇しています。 オレイン酸ヒマワリ油の高い煙点は比較的高く、ソテーやフライに適しています。 さらに、食品に独自の風味を課すことはありません。

ひまわり油は非常に望ましい食用油のXNUMXつであり、さまざまな医療専門家から大きな注目を集めています。 ひまわり油抽出物の全体的な特性を無視する人もいますが、ほとんどはひまわり油の栄養価を高く評価しています。 多くの有名な医療機関および開業医は、ヒマワリ油を健康的な脂肪として使用することを推奨しており、コレステロールから保護し、肌を改善し、炎症を軽減し、最も重要なことに心臓の健康を改善するなど、多くの健康増進をもたらすと主張しています。

ひまわり油 通常、栄養価の高いヒマワリの種から抽出されます(ヘリアンサスアンヌス)。 種子には、大量のビタミンA、E、コリン、葉酸などの幅広い栄養素が含まれています。

伝えられるところによると、含まれているほとんどの植物油、ひまわり油、コーン油、キャノーラ油の重要な脂肪酸特性は、そうでない場合よりも炎症を起こす可能性があります。

幸いなことに、ひまわり油は同一ではありません。 まず、ヒマワリ油抽出物の処理に使用される種子は、一般的なスナック通路にあるものとはまったく異なります。 さらに、オイルは、抽出のプロセスによっては、その栄養素の大きな組成を失う可能性があります。

精製されたヒマワリ油は、より高い調理温度でより安定していますが、その未精製の競合品にはポリフェノールとビタミンEが不足しています。 水素化は、油をさらに安定させるために、ほとんどの製造業者によって一般的に使用されています。 水素化されているか、半水素化されているかに関係なく、微量のトランス脂肪が水素化油にまだ含まれています。 糖尿病、癌、心臓病などのほとんどの慢性疾患は、これらのトランス脂肪に起因しています。

ひまわり油の栄養価を保護するという私たちの取り組みを踏まえて、私たちはハイテク抽出プロセスのみを使用し、 超臨界抽出技術。 この技術では、高オレイン酸ひまわり油(ベニバナ油)しか得られません。

一般的に、私たちの高オレイン酸ヒマワリ油は、ほとんど黄色がかった、ほぼ透明な色をしています。 微細な風味、柔らかな香り、優れた耐熱性があり、保存性と揚げ物が非常に安定しています。

ひまわり油

3.ひまわり油はどのように機能しますか?

ひまわり油は、飽和脂肪を不飽和脂肪に置き換えるものとして一般的に食事に使用されます。

 

4.ひまわり油の利点

ヒマワリオイルには、健康全般から肌、髪に至るまで、さまざまなメリットがあります。 多くのひまわり油の使用のいくつかは次のとおりです。

 

健康のためのひまわり油の利点
i. 心臓の健康を促進する

飽和脂肪のレベルが比較的高い食事性脂肪とは対照的に、オレイン酸の比率が高いひまわり油を使用すると、心臓病の危険性が低下する可能性があるという明確な断言があります。 20日あたりの提案されている高オレイン酸ヒマワリ油の割合は、他の油脂の代わりに約1.5グラム(大さじ9)です。 オレイン酸の量が少ないひまわり油は有益ではないようです。 心臓病や安定性の予防や治療などの健康上の利点があることから、有益なモノ不飽和オメガXNUMX脂肪酸であるcis-オレイン酸の重要な価値は、心血管疾患の可能性を減らします。

ひまわり油はアメリカ心臓協会により飽和脂肪の少ない油としてリストされており、食事に含まれるすべての固形脂肪、マーガリン、バターを含む適切な代替品となっています。 これは心臓病を防ぐのに役立ちます。

 

II。 エネルギーを提供します

ひまわり油は、豊富なリノール酸で完全に不飽和であるため、タンパク質の適切な供給源であり、食用に非常に適しています。 ひまわり油の見事な脂肪酸組成は、体のバランスを維持するのに役立ちます。

人を無気力にさせる飽和脂肪とは異なり、健康な不飽和脂肪は素晴らしいエネルギー源です。 ヒマワリ油は、糖の原型であるグリコーゲンの放出を助け、肝臓から血流への高速エネルギーをさらに高めます。

 

III。 コレステロールを下げる

ひまわり油の健康上の利点には、コレステロール値の低下が含まれます。 HDL(善玉コレステロール)レベルを増加させ、その結果心血管疾患の危険性を減らすことが知られています。

ほとんどの科学的研究は、食事中の他の脂肪をヒマワリ油で置き換えると、高コレステロールと診断された人のLDL(悪玉コレステロール)と総コレステロールを低下させる可能性があると報告しています。 しかし、ひまわり油は、アテローム性動脈硬化症になりやすい人や末梢血管疾患にかかっている人たちのコレステロールを下げるのに十分に効果的ではないかもしれません。

 

IV。 免疫システムを強化します

ひまわり油は、原形質膜のバリアを強化することにより、感染に対する防御ブースターとして働き、ウイルスや細菌が体内に侵入するのをより困難にします。 有益なタンパク質の存在は、ひまわり油に免疫系内の酵素と組織の修復と構築の健康的な使用を追加します。

 

v. 消化力を高めます

消化の問題で見過ごされがちなのは、ほとんどが食用油から生じるという事実です。 とは異なり ひまわり油、一価不飽和脂肪の量がほとんどまたはまったくない不健康な食用油は、実際に胃の障害を引き起こします。 ひまわり油は非常に軽いモードであるため消化が容易であり、消化管での吸収率を高めます。 また、便秘を防ぎます。 オメガ6脂肪酸とも呼ばれるリノール酸の高い組成は、代謝制御代謝を助けます。

 

viの。 体を修復します

ひまわり油は、体全体の健康的な機能のために組織と酵素の修復と構築に必要な重要なタンパク質で構成されています。

ひまわり油

VII。 炎症と闘う

ひまわり油は、胃の損傷を含むほとんどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の重篤な副作用を低下させることがわかっています。

ひまわり油が炎症を減らすことができるという提案があります。 事例証拠は、関節リウマチの治療において炎症を軽減できることを提案しています。

 

ひまわり油の肌へのメリット
非コメドージェニック

皮膚適用のためのヒマワリ油は、その非角質形成特性のために広く人気を得ています。 皮膚の毛穴をふさぐことなく、非常に吸収力があります。 ほとんどの人にとって、肌用のヒマワリオイルはどのタイプの肌にも刺激を与えないので、通常の、脂性の、乾燥し、にきびが発生しやすい肌にも適しています。

 

酸化防止剤

ひまわり油を含むスキンケア製品を調理または適用するためにひまわり油を使用すると、かなりの量のビタミンEが体に供給されます。これは、しわや早期老化などの深刻な太陽の影響やフリーラジカルから皮膚を保護する強力な抗酸化物質です。 ひまわり油は、トコフェロールなどの天然抗酸化物質を高レベルで含んでいるため、他の植物油より優れています。

 

皮膚保護バリア

ひまわり油に含まれるリノール酸は、肌本来のバリアを守り、保湿力を高めます。 ひまわり油を局所的に使用すると、その抗炎症効果によって乾燥肌や湿疹の状態に役立ちます。

ひまわり油の皮膚への効果とオリーブオイルの両方を局所的に塗布することを目的とした19人のボランティアを対象に実施されたケーススタディでは、ひまわり油が皮膚の水分補給を高めながら皮膚膜の特性をより効果的に維持することが報告されました。

ひまわり油に含まれるリノール酸成分は、ウイルス、細菌、バクテリアから肌を効果的に保護することがわかりました。 バングラデシュでの別の研究では、未熟児にひまわり油を局所的に塗布しました。 その結果、病院で得られた感染症による乳児死亡率は著しく低下しました。

ボーマン ひまわり油の肌へのメリット その世界的な使用に広く貢献しており、素晴らしい肌触り、保湿性、高い吸収率による優れた酸化安定性に起因する適切な軟膏にしています。

ひまわり油

創傷治癒

ひまわり油は、皮膚のざらつきや発赤の減少に役立つ抗炎症特性を阻害します。 ヒマワリ油に含まれるオメガ6の含有量が高いため、炎症を抑えながら新鮮な皮膚の外層の進化を促進します。

動物を含む研究では、傷へのヒマワリ油の局所塗布が治癒過程を速めることが報告されました。 結果は、ヒマワリ油中に存在する、効果的な創傷治療成分であるオレイン酸に起因した。 さらに、セサモール(ヒマワリ油にも含まれている)は、皮膚がんと診断されたマウスの化学的予防作用からなることが報告されています。

 

ニキビと戦う

ひまわり油が非常に豊富なビタミンEとビタミンAは、肌の健康を促進する優れたものであると報告されています。 抗酸化作用のある同じビタミンは、ニキビの原因となるバクテリアの根絶と切断された皮膚細胞の再生に重要な役割を果たします。 ビタミンEはまた、ニキビに関与すると考えられている活性酸素種の作用に抵抗する可能性があります。 オイルは柔らかく、べたつかず、毛穴を塞ぐことなく肌から素早く吸収されます。

ひまわり油は、乾燥した敏感肌を効率的に治療する固有の保湿剤でもあります。

 

湿疹の治療に役立ちます

局所的に使用すると、ひまわり油は非常に優れた抗炎症作用をもたらします。 先に概説したように、オイルは皮膚のバリアを改善し、皮膚の健康を高める上で重要な役割を果たします。

ひまわり油に含まれるビタミンEは、アトピー性皮膚炎(湿疹)の治療に役立ちます。 ビタミンEで経口治療された湿疹患者96人は大幅な改善を記録し、かなりの数がほぼ寛解を記録した。 さらに、このオイルは、乾燥肌などの個々の湿疹の症状を治療します。

 

ヒマワリの種 オイルは老化の兆候を減らすことができます

肌に適用するためのひまわり油は、長く若く見えるのに役立ちます。 その中の抗酸化物質は、太陽からの紫外線が皮膚に到達するのを妨げることにより、老化の時期尚早の兆候を防ぎます。 ビタミンEは、特にエラスチンと皮膚のコラーゲンを覆い、顔のしわや小じわの発生を減らします。

ヒマワリ油に高い固有のトコフェロールと多価不飽和脂肪脂質が含まれているため、他の植物油オプションと比較すると、サンケア製品の製造に最適です。 これらのコンポーネントは、長い間、不快感への反対を描写しています。

 

髪のためのひまわり油の利点

Linuxを使う ひまわり油 メンテナンスは近年一般的になっています。 達成された利点のほとんどは、健康な髪の成長に寄与するリノール酸(オメガ6脂肪酸)の組成が高いことに起因しています。 同じことが脱毛を抑制し、なぜそれがヘアトリートメントに使用されるかを説明します。

ひまわり油は、乾燥した縮れた髪を柔らかくし、ゴージャスな輝きを加えるためによく使用されます。 ひまわり油の軽い質感はそれを完璧なコンディショナーにします。 シルキーで柔らかな髪の素晴らしい結果を得るために、オイルは週に一度頭皮にマッサージされます。

軽い質感のヒマワリ油とは別に、無臭の油は香りのある/香りのない髪に効果的に補うことができます。

ひまわり油を髪の維持に使用する理由には、いくつかの理由があります。

 

頭皮の健康を改善します

健康な頭皮がなければ、髪を整えたり磨いたりすることはまったく役に立ちません。 頭皮はあらゆる自然な髪の全体的な健康への基盤です。 その健康はあなたの将来の髪が壊れるか成長するかどうかを決定します。 それは正しく、尊厳を持って扱われなければなりません! 幸いなことに、髪のヒマワリオイルには、健康な頭皮に必要なすべての必須成分が豊富に含まれており、ビタミンEを含めて大量に含まれています。また、乾燥した頭皮と製品の形成に大きく寄与する細菌感染のリスクも軽減します。 さらに、早期脱毛、男性/女性の脱毛症、薄毛、円形脱毛症の可能性を減らすには、ひまわり油を購入する必要があります。

 

髪の成長を刺激します

髪に水分がなく、健康な自然な髪の成長がありません! 頭皮の水分量が多いと、自然な髪の発育を支えます。 ヒマワリオイルを髪に定期的に使用することで、さまざまなビタミンやミネラルを備えたこの天然保湿剤を使用して、健康で潤いのある自然な髪の発達を刺激します。 さらに、ひまわり油に含まれるオレイン酸は、すべての髪の破損を妨げます。

ひまわり油

ふわふわした髪を取り除き、柔らかさと輝きを与えます

手に負えない、縮れた、扱いにくい髪をお持ちですか? 解決策はひまわり油です。 ひまわり油を塗ることで、どんなタイプの自然な髪にも潤いを与えます。 また、脂っこくなりすぎたり、髪を圧迫したりすることなく、髪に素敵でクールな質感を与えます。 ひまわり油は、冬の最も過酷な条件の間でも髪の水分を保持するのに役立ち、年間を通して一定の輝きと優しさを保証します。

 

エモリエントとして機能

ホホバ油のようなヒマワリ油は、非極性溶媒であることにより水の損失を著しく妨げます。 髪の根に簡単に穴を開けて、水分をブロックして保持します。

 

5.ひまわり油の副作用

経口摂取した場合:ひまわり油は とても安全 適量を口から摂取した場合。
皮膚に塗布した場合:ひまわり油は とても安全 適量を皮膚に塗った場合。

多くの人はひまわり油の副作用を発症または報告していません。 ただし、キク、ヒナギク、ブタクサ、マリーゴールドなどのキク科/キク科にアレルギーまたは敏感な人は、ひまわり油アレルギーを発症する可能性があります。 この場合、ひまわり油を使用する前に医師に相談してください。

 

6.ひまわり油の由来

植物

ヒマワリ油は、ヒマワリ植物によって生成された種子を絞って抽出されることがあります。 ヒマワリにはさまざまな種類がありますが、ほとんどのヒマワリオイルは植物学的に通常のヒマワリに由来します。 ヘリアンサスアンヌス.

ヒマワリは南アメリカと北アメリカに自生し、原住民はそれらを食用に、そして年齢の装飾として使用しています。

 

プロセス

ひまわり油の大量生産には膨大なプロセスがありますが、最新のハイテク技術は 超臨界抽出技術。 この方法は、すべてのひまわり油の中で最も健康的であるとランク付けされている高オレイン酸ひまわり油(ベニバナ)を生成します。 ひまわり油は、今日の世界の工業生産でXNUMX番目に大きい油糧作物としてランク付けされています。

 

私たちのプロダクト

ひまわり油は、一般的にひまわり種子油として知られています。 色はクリスタルクリアからアンバーイエローの範囲です。

現在、ヒマワリ油にはさまざまな世界的用途があります。 ひまわり油バルク プロデューサー 多くの場合、特定の用途に従って製品にブランドを付けます。 たとえば、髪にはひまわり油、料理にはひまわり油、皮膚にはひまわり油などです。 これは消費者に ひまわり油を買う 彼らの目的のために意図されています。 ひまわり油の一括購入の前に使用をカウンターチェックしてください。

ひまわり油

7.ひまわり油は他の油と比較してどのくらい健康ですか?

ヒマワリ油の飽和脂肪は約13%で、キャノーラ油やグレープシードオイルより少し多いですが、綿実油、ココナッツオイル、ピーナッツオイル、パーム油、大豆油よりは少ないです。 その飽和脂肪の量は、トウモロコシとオリーブオイルのそれに相当します。

未精製のひまわり油に含まれるビタミンEを利用するには、生で摂取する必要があります。 高オレイン酸ひまわり油は、多価不飽和脂肪と比較して、一価不飽和脂肪の割合が高くなっています。 一価不飽和脂肪は多価不飽和脂肪よりも少し安定していますが、比較的健康的であると結論付けている健康研究者はごくわずかです。

 

8.ひまわり油(紅花種子油)の用途

料理とフライパン

ひまわり油の発煙点が高いため、高温下でも丈夫です。 したがって、主に揚げ物で、あらゆる食用油の代わりに使用できます。 油の無党派の風味は、それがベーキングに最適であるとみなします。 ひまわり油の最も一般的な用途は次のとおりです。チップや魚などの食品の揚げ物、食用油、サラダドレッシング、調理やベーキングでのバターのビーガン代替品、クッキー、ケーキなどの栄養素のベーキングでの脂肪と水分の選択成分としてにんじん。

 

リップクリームやスキンクリームなどの化粧品

ヒマワリ油の柔らかさと柔らかさの特性は、スキンクリームやリップクリームなどの化粧品に最適な成分です。 他の化粧品の使用には、 軟化剤、 収斂剤、保湿剤、コンディショナー、抗酸化剤、抗ウイルス剤、抗菌剤、清澄剤、および光沢剤。

 

低コレステロールなので心臓の薬

ひまわり油は、心血管疾患の危険を回避し、軽減するための薬として使用されます。 また、これらの他の医療目的にも使用されます。 抗ウイルス抗菌、 免疫増強、抗菌、抗炎症、および エネルギーブースト.

 

リファレンス
  1. Rai、A.、Mohanty、B。、およびBhargava、R。(2016)。 ヒマワリ油の超臨界抽出:抽出変数の中心的な複合設計。 食品化学、192、647-659。
  2. Danby、SG、AlEnezi、T.、Sultan、A.、Lavender、T.、Chittock、J.、Brown、K。、&Cork、MJ(2013) オリーブとヒマワリの種子油が成人の皮膚バリアに及ぼす影響:新生児のスキンケアへの影響。 小児皮膚科30(1), 42–50. https://doi.org/10.1111/j.1525-1470.2012.01865.x.
  3. Kapadia、GJ、Azuine、MA、Tokuda、H.、Takasaki、M.、Mukainaka、T.、Konoshima、T。、&Nishino、H。(2002)。 エプスタインバーウイルス初期抗原活性化アッセイおよびマウス皮膚二段階発癌におけるレスベラトロール、セサモール、ゴマ油およびひまわり油の化学予防効果。 薬理学研究45(6)、499-505。
  4. Saedi S、Noroozi M、Khosrotabar N、Mazandarani S、Ghadrdoost B.(2017)。 カノーラ油とひまわり油が脂質異常症の参加者の脂質プロファイルと人体測定パラメーターにどのように影響するか。 Med J IslamRepubイラン。 31(1):23-28。
  5. ひまわり油(ひまわり油)83%

 

Contents [show]